1. HOME
  2. 自己流ダイエットでやってしまいがちな6つの間違い

自己流ダイエットでやってしまいがちな6つの間違い

自己流ダイエットで
やってしまいがちな6つの間違い

皆さん様々なダイエット法を調べて、痩せようとされる方が多いですね。

日本人女性の約80%の人がダイエットをしたことがある、もしくは現在ダイエットをしているそうです。
でもダイエットって自己流で頑張ってる人も多いと思いますが
ダイエットって間違えるとあなたの健康や命に危険を及ぼすこともあるんです!
そこで、自己流ダイエットでやってはいけないダイエット方法を皆さんにご紹介します。


食べる量を減らす

ダイエットといえば皆さんやっちゃうのがこれ。
普段、大食いの人が少し食事の量を減らす程度なら問題はありませんが、ただ単に食べる量を減らすだけのダイエットは危険です。
ダイエットは食事管理が大変重要ですが、極端に摂取カロリーを落としたり、絶食に近い生活をしてしまうと拒食症や過食症など、摂食障害につながる可能性があります。
特に、すぐお腹が空いてしまう人は空腹のストレスから暴飲暴食の原因にもなります。
確かに、食べる量が減ると体重は減りますが、頬がげっそりコケ、胸がなくなり、体の不調が起きてきます。いわゆる栄養失調状態になるんです。
なので、一番落としたいお腹は全く落ちずに、落としたくないところがどんどん落ちてしまうので要注意です。
そして、このような食べないダイエットはほとんどの場合リバウンドします。
大事なのは「体重を減らす」ではなく「キレイに痩せる」です。


炭水化物を抜く

最近のダイエットではこれもよくやる方がいますね。
たしかに炭水化物の摂り過ぎは良くないです。
太っている方のほとんどが炭水化物のとりすぎが原因です。
しかし、炭水化物というのは5大栄養素のうちの一つで人間の体にとって必要なもの。
エネルギー、熱の源は炭水化物です。
体をつくることをしっかりとしていかなければキレイに痩せることはできませんので、炭水化物だけ抜きにするというダイエットは要注意です。
ただ、量は少しでいいです。


同じものばかり食べ続ける

リンゴダイエットやこんにゃくダイエット、納豆ダイエット、トマトダイエット、キャベツダイエットなど一品ダイエットは若い人がやりがちなダイエットですが、脂肪を燃やすにはビタミンやミネラルが大切です。
一つの食品だけでは、栄養はしっかり入ってきませんし、タンパク質や炭水化物もカラダには必要なので、単品ダイエットはやめましょう。
ただ、野菜を多めにするならカラダにもいいしダイエットにもいいと思います。
しかし同じものばっかり食べてると、飽きてしまってダイエットも続かないのですが、それはあなたが悪いわけではありません。
栄養が偏り生命の維持に危険が迫るので潜在意識が阻止しようとするのです。


運動しまくる

運動はしないよりする方がカラダにいいのですが、ダイエットのためだけに運動しようと言う人はあまり長続きしません。
痩せるために頑張ってジムに通ったりジョギングしたりスイミングスクールに通ったりしてカロリーを消費しようと運動する人がいます。
もともと、運動好きであればいいのですが、キレイに痩せるため程度なら運動は「適度な運動」で十分です。
運動しまくって消費カロリーを高めても、脂肪からだけエネルギーを消化するわけではありませんからね。
有酸素運動で軽めのジョギングを1時間行って消費するカロリーが約400kcal。
脂肪は1kgあたり7200kcalのエレルギーですが、ジョギングで消費するカロリーが全て脂肪から消費するわけではないので、そこからさらに少ないものになります。
また、体力がそれほどない人が1時間もジョギングするということはたいへんです。


痩せるサプリを飲む

飲めば痩せますみたいな宣伝がよく広告にありますよね。
しかし、よく考えてみてください。
飲んで痩せるって、本当に痩せたら結構危険です。
人間のカラダが薬も使わずサプリ一個でどんどん体重が減ってきたら恐ろしいです。
「お金をかけずに楽にすぐ痩せたい」とか思うから、少しずついろんなサプリや器具に手を出して結局振り返ってみれば、かなりのお金を投資したってことをよく聞きます。
ダイエットは地道にゆっくり進みましょう。


サウナとか半身浴で汗かきまくる

健康法としてはいいのかもしれませんが、単なるダイエットとしては非常に危険です。
もちろん汗をかくと体重は減りますが、それは痩せたんじゃなくてカラダの中の水分が出ただけなので脱水症状です。
すぐに水を飲む必要があります。
脱水症状なのに水分をとらないと、死に至ることもあるので要注意です!


まとめ

結局、ダイエットはやはり自分で判断するのではなく、ダイエットのプロ、ダイエットの専門家に任せた方がいいでしょう。
ただ、世の中には間違ったことを言う自称ダイエットの専門家もいますので、よく見極める必要があります。
食べてはダメ、きついトレーニングをしなくてはダメというジムはやめておきましょう。
確かに食べないで厳しいトレーニングをすれば短期間で痩せますが必ずリバウンドを起こします。
世の中にはダイエットにお金をかける勇気がない方が多いですが、短期間で綺麗に痩せてずっと続くならその投資も悪くないとは思います。

無料カウンセリングでより詳しくメソッドについてご説明します!

無料カウンセリング・無料体験を申し込む

このページのトップへ